車庫証明Q&A[山形県版]

 車庫証明申請手続き、用語、よくあるご質問などを随時掲載してご紹介致します。車庫証明申請手続きについて疑問があった際はぜひご覧下さい。なお、車庫証明申請手続きは管轄の警察署によって取り扱いの運用が異なりますので、当該Q&Aの情報が山形県内の全ての警察署に当てはまることを保証するものではありません。

 

車庫証明申請手続きに関するQ&A

車庫証明書とは何ですか?

 車庫証明書とは自動車の保管場所(駐車する場所)を確保していることを証明する書類です。一般的には「車庫証明書」と呼ばれますが、正式には「自動車保管場所証明書」といいます。

 

車庫証明書が必要な場合はどんな時ですか?

 新車・中古車などの自動車を購入して登録する場合(新規登録)、住所などに変更があった場合(変更登録)、所有者に変更があった場合(移転登録)などに必要になります。

 

車庫証明書を取得するにはどうすればいいの?

 車庫証明書を取得するには、自動車の保管場所(駐車する場所)を管轄する警察署に申請手続きを行い、保管場所を確認してもらう必要があります。保管場所に問題が無ければ車庫証明書が交付されます。

 

≫山形県内の管轄はこちら

 

車庫証明書の取得要件は何ですか?

 車庫証明書を取得するには以下の条件を満たす必要があります。

〇駐車するスペースに自動車全体を収容できる

〇保管場所は道路から支障なく出入りできる

〇使用の本拠の位置(自宅や事業所)と保管場所までの距離が地図上の直線距離で2㎞以内である

〇自動車の保有者が保管場所を使用する権原をもっている(所有権、賃借権、使用貸借権など)

 

必要書類は何ですか?

 山形県内で車庫証明申請手続きをする際の必要書類は以下のものです。

○申請書(4枚綴り) 1部

○保管場所の所在図・配置図 1部

○保管場所が使用できることを明らかにする書面 1部

※場合によっては追加書類が必要になることもあります。

 

申請書とは何ですか?どこで入手できますか?

 車庫証明の申請書には「自動車保管場所証明申請書」と「保管場所標章交付申請書」の2種類があり、警察署の窓口又はダウンロードして入手することができます。警察署で入手する場合は上記申請書が各2部ずつの4枚綴りの複写式になっています。なお、山形県外の申請書であっても4枚綴りであれば使用できます。

 

≫申請書のダウンロードはこちら(当事務所運営の外部サイト「山形車庫係」に移動します)

 

所在図・配置図とは何ですか?

保管場所の所在図・配置図
保管場所の所在図・配置図(クリックで拡大)

 所在図とは、使用の本拠の位置(自宅や事業所等)と保管場所の位置(自動車を駐車する場所)の距離を図面にしたものです。車庫証明の取得要件の一つに「使用の本拠の位置と保管場所までの距離が地図上の直線距離で2㎞以内である」というものがありますので、それをクリアしていることを明示するために作成します。この所在図は地図を添付する方法でも、手書きで書く方法でもどちらでも可能です。

 配置図とは、「保管場所は道路から支障なく出入りできる」「駐車するスペースに自動車全体を収容できる」という要件をクリアしていることを明示するために作成する図面です。配置図には、保管場所に接する道路の幅員、保管場所の幅と奥行きを記入します。立体駐車場の場合などは下記「よくあるご質問」をご参照下さい。

 

≫所在図・配置図のダウンロードはこちら(当事務所運営の外部サイト「山形車庫係」に移動します)

 

使用承諾書とは何ですか?

保管場所使用承諾証明書(使用承諾書)
保管場所使用承諾証明書(クリックで拡大)

 車庫証明申請をするうえで必要な添付書類の一つに「申請者が保管場所を使用する権利をもっていることを証明する書面」というものがあります。この証明書類には「自認書(保管場所使用権原疎明書面)」と「使用承諾書(保管場所使用承諾証明書)」の2種類があり、自動車を駐車する場所が申請者自身の所有でない場合は、こちらの使用承諾書になります。

・賃貸アパート・マンションの場合

・月極駐車場の場合

・所有者が父親などの場合

・申請者とその配偶者の共有の場合 など

 

≫保管場所使用承諾証明書のダウンロードはこちら(当事務所運営の外部サイト「山形車庫係」に移動します)

 

自認書とは何ですか?

保管場所使用権原疎明書面(自認書)
保管場所使用権原疎明書面(クリックで拡大)

 車庫証明申請をするうえで必要な添付書類の一つに「申請者が保管場所を使用する権利をもっていることを証明する書類」というものがあります。この証明書類には「自認書(保管場所使用権原疎明書面)」と「使用承諾書(保管場所使用承諾証明書)」の2種類があり、自動車を駐車する場所が申請者自身のみの所有である場合は、こちらの自認書になります。

 

≫保管場所使用権原疎明書面のダウンロードはこちら(当事務所運営の外部サイト「山形車庫係」に移動します)

 

手数料はいくら掛かりますか?

 山形県内での車庫証明申請手続きの手数料は2,700円になります(内訳は下記)。なお、軽自動車の場合は保管場所標章交付手数料の500円のみになります。この手数料は県証紙を申請書に貼付することで支払います。

○自動車保管場所証明申請手数料2,200円

○保管場所標章交付手数料500円

 

用語に関するQ&A

「保管場所」とは何ですか?

 保管場所とは、自動車を駐車する車庫や空き地などの場所をいいます。よくある間違いとして、申請書の「自動車の保管場所の位置」の欄にアパート名やマンション名などを記入していることがありますので、記入しないように注意して下さい。

 

「使用の本拠」とは何ですか?

 使用の本拠とは、自動車を使用する場所をいいます。個人の場合であれば住所、法人の場合であれば所在地(又は支店・事業所の所在地)になります。申請書の「自動車の使用の本拠の位置」の欄には住民票又は印鑑登録証明書に記載してあるとおりにアパート名、マンション名、ビル名はもちろん、階数や部屋番号も記入します。

 

「保管場所の所有区分」とは何ですか?

 保管場所の所有区分とは、自動車を駐車する場所の所有者が誰であるかの区分になります。申請者自身のみであれば「自己単独所有」になり、それ以外であれば「その他」になります。

 

「申請区分」とは何ですか?

 申請区分には「新規」「代替(だいたい)」「増車」の3種類があり、申請する場所が申請者にとって初めての場合は「新規」、過去に車庫証明を申請していて車の入れ替えになる場合は「代替」、車の入れ替えではなく追加の場合は「増車」となります。

 

本サイトに関するQ&A

やまがた車庫証明代行センターとは何ですか?

 主に山形県外のディーラー様や中古車販売会社様からのご依頼で車庫証明申請手続きを代行・代理している行政書士事務所です。もちろん県内のディーラー様や中古車販売会社様、個人のお客様からのご依頼も受け付けております。当センターには実績多数の車庫証明専用スタッフがおりますので、迅速な対応が可能です。

 

すべての書類を作成してもらうことはできますか?

 もちろん可能です。ご希望の場合は追加オプションでご指定下さい。詳細はエリア検索から申請地を選択してご確認下さい。

 

≫エリア検索

 

よくあるご質問Q&A

法人名義で申請する場合はどうすればいいの?

 法人名義で車庫証明を申請する場合も基本的には同じです。ただし、本店と支店(営業所)がある場合で、本店が自動車を購入し、支店(営業所)で使用するときは以下のような記載になります。

【申請書】

申請者:本店の所在地・法人名・代表者名

使用の本拠の位置:支店(営業所)の所在地

保管場所の位置:駐車場の住所又は地番

【使用承諾書】

保管場所:駐車場の住所又は地番

使用者:本店の所在地・法人名・代表者名

 

駐車予定場所が共有名義の場合はどうすればいいの?

 共有者全員の使用承諾書が必要になります。たとえ共有者が申請者の親族などであっても必要です。

 

駐車予定場所に住所がない場合はどうすればいいの?

 住所(住居表示)は「建物の場所」を示す番号ですので、月極駐車場などの建物が存在しない場所では住所がありません。この場合、申請書や使用承諾書の「自動車の保管場所の位置」には地番を記入します。地番とは土地の場所を特定するために土地1筆ごとに付されている番号で、ご自身が所有権者であれば固定資産税の納税通知書などで確認できます。

 

「自走式立体駐車場」の配置図はどう描けばいいの?

 自走式立体駐車場であっても通常の配置図通り平面的に作図しますが、入口の高さを記入する必要があります。また、駐車する場所の階数・番号も記入します。

 

「機械式立体駐車場」の配置図はどう描けばいいの?

 機械式立体駐車場であっても通常の配置図通り平面的に作図しますが、機械式立体駐車場に表示されている「収容可能車寸法」の全長・全幅・全高を記入する必要があります。また、それらに適合するか事前に確認する必要があります。

 

山形県内の警察署の受付時間

 土日祝日・年末年始(12月29日~1月3日)を除く午前8時30分~午後5時15分まで受け付けていますが、当日の受付となる時間は管轄の警察署によって異なります。詳しくは下記から各申請地を選択して詳細をご確認下さい。

 

≫エリア検索