自動車保管場所証明申請書(車庫証明申請書)

車庫証明申請書の記入例【山形県様式】

(1)一戸建てなどの場合

一戸建てなどの場合の自動車保管場所証明申請書(車庫証明申請書)の記載例・記入例・書き方【山形県様式】

(2)アパート・マンションなどの場合

アパート・マンションなどの場合の自動車保管場所証明申請書(車庫証明申請書)の記載例・記入例・書き方【山形県様式】

(3)法人申請で使用するのは支店などの場合

法人申請で使用者が支店(営業所)の場合の自動車保管場所証明申請書(車庫証明申請書)の記載例・記入例・書き方【山形県様式】

(4)行政書士が代理申請する場合

行政書士が代理申請する場合の自動車保管場所証明申請書(車庫証明申請書)の記載例・記入例・書き方【山形県様式】


①車 名

自動車検査証(車検証)に記載されている通りに自動車のメーカー名(製造会社名)を記入します。

メーカー名とは「ニッサン」「トヨタ」「スズキ」などのことをいい、「エルグランド」「プリウス」などのいわゆる車種名ではありませんのでご注意下さい。


②型 式

自動車検査証(車検証)に記載されている通りに型式を記入します。新車の場合は自動車販売店に聞いて下さい。

なお、型式が「不明」などと車検証に記載されている車(いわゆる型式不明車)は、そのまま「不明」と記入します(上記記入例(2)参照)。


③車台番号

自動車検査証(車検証)に記載されている通りに車台番号を記入します。

新車などで車台番号がまだ決まっていない場合であっても、車台番号未記入の状態で車庫証明の申請をすることができます。ただし、車台番号が未記入のままでは車庫証明は交付されませんので、車台番号が分かり次第、警察署に行って車台番号を記入する必要があります(詳しくは「車台番号の後日記入」をご覧ください)。

なお、車台番号が「国[○○]○○○○」「神[○○]○○○○」「愛[○○]○○○○」「形[○○]○○○○」などと車検証に記載されている車(いわゆる職権打刻車)は、そのまま正確に記入します(上記記入例(2)参照)。


④自動車の大きさ

自動車検査証(車検証)に記載されている通りの自動車の寸法を右詰めで記入します。新車の場合は自動車販売店に聞いて下さい。

ここに記載されている大きさの車が駐車できる場所・入口が必要になります。

▸自動車の所在図・配置図の記入例はこちら


⑤自動車の使用の本拠の位置

個人の場合は、住民票上の住所(住民票を異動していない場合は実際に住んでいる場所)を記入します。

法人の場合は、本店、支店、営業所などの所在地を記入します。


⑥自動車の保管場所の位置

自動車を駐車する場所を記入します。自宅やアパート・マンションなどの敷地内に駐車するのであれば、基本的には上記⑤(自動車の使用の本拠の位置)と同じ住所を記入することになりますが、アパート・マンション名や部屋番号、駐車番号は記入しないようにご注意下さい(上記記入例(2)参照)。

月極め駐車場を借りる場合や近くの更地に駐車する場合は「地番」の記入になります。住所(住居表示)は「建物の場所」を示す番号ですので、月極め駐車場や更地などの建物が存在しない場所には住所も存在しません。したがって、この場合には住所を記入することができないため、土地の場所を特定するために土地1筆ごとに付されている番号、いわゆる「地番」と呼ばれるものを記入することになります。

地番はご自身が所有権者であれば固定資産税の納税通知書などで確認できます。月極め駐車場などの借りている場所であれば、管理している不動産屋などに聞いて下さい。なお、この場合も月極め駐車場の名称や駐車番号などは記入しないようにご注意下さい。

また、駐車する場所は上記⑤(自動車の使用の本拠の位置)から直線距離で2㎞以内であることが必要になりますのでご注意下さい。


⑦管轄警察署

上記⑥(自動車の保管場所の位置)を管轄する警察署を記入します。ここに記入する警察署が車庫証明の申請先になります。

▸管轄警察署を調べたい方はこちら


⑧日付(申請日)

申請する日を記入します。当事務所に車庫証明のご依頼の際は空欄にしてご郵送ください。


⑨申請者の記名押印

この部分は車検証の使用者欄にあたる箇所になります。

個人の場合は住民票上の住所・氏名(ふりがな付き)・電話番号を記入します。法人の場合は所在地・法人名(ふりがな付き)・代表者名(ふりがな付き)・電話番号を記入します(ゴム印等でも問題ありません)。押印する印鑑は認印で大丈夫ですが、1枚目から4枚目まで全てに押印する必要があります。

なお、住所(所在地)が山形県以外の都道府県の場合は、都道府県名から記入する必要があります。

【行政書士が代理申請する場合(上記記入例(4)参照)】

申請者から委任状をいただいている場合は、行政書士の職印のみの押印で申請(代理申請)することができます。

つまり、4枚複写の申請書に申請者の押印は必要なく、代わりに行政書士の職印を押印して申請しますので、万が一、申請書に訂正がある場合でも、申請者から訂正印をいただく必要はなく、行政書士の職印で訂正が可能になります。

▸委任状のダウンロードはこちら


⑩保管場所の所有者

上記⑥(自動車の保管場所の位置)が上記⑨(申請者)の単独所有物であれば「自己単独所有」に○を付けて自認書を添付します。

それ以外の場合は「その他」に○を付けて使用承諾書を添付します。

▸自認書について詳しくはこちら

▸使用承諾書について詳しくはこちら


⑪連絡先

申請内容に何か問題がある場合や訂正等がある場合などに警察署から連絡がありますので、昼間繋がりやすい電話番号を記入します。

当事務所に車庫証明のご依頼の際は、何か問題があったときに迅速に対応できるように当事務所を連絡先としておりますので、できるだけ連絡先欄は空欄にしてご郵送ください。

 

車庫証明申請書のダウンロード【山形県様式】

ダウンロード
自動車保管場所証明申請書【山形県様式】2部
1号様式.pdf
PDFファイル 250.2 KB
ダウンロード
保管場所標章交付申請書【山形県様式】2部
3号様式.pdf
PDFファイル 181.7 KB
申請地から車庫証明代行料金を一発検索!