保管場所の所在図・配置図

所在図・配置図の記入例【山形県様式】

(1)カーポートに駐車する場合

カーポートに駐車する場合の所在図・配置図の記載例・記入例・書き方【山形県様式】

(2)シャッター付き車庫に駐車する場合

シャッター付き車庫・建物内に駐車する場合の所在図・配置図の記載例・記入例・書き方【山形県様式】

(3)月極め駐車場などに駐車する場合

自宅から離れた月極め駐車場に駐車する場合の所在図・配置図の記載例・記入例・書き方【山形県様式】

(4)営業車で会社に駐車する場合

営業車で会社に駐車する場合の所在図・配置図の記載例・記入例・書き方【山形県様式】


所在図

目標となる建物などを書いて、「使用の本拠の位置」と「保管場所の位置」がどこにあるのかわかるように記載します。

地図を添付する方法も可能ですので、その場合は上記記入例(2)のように別紙と書きます。

なお、「使用の本拠の位置」と「保管場所の位置」が離れている場合は、上記記入例(3)のように線で結び直線距離(2㎞以内であることが必要)を記入します。

▸「使用の本拠の位置」「保管場所の位置」について詳しくはこちら


配置図

自動車を駐車する位置(月極め駐車場などの場合は駐車番号)とその縦横の寸法(高さ制限がある場合はその高さ)、出入口の位置とその寸法、接道している道路の幅員を記入し、新規・代替・増車などの申請区分(申請事由)を記入します。

代替の場合は、入れ替えする車(現在お乗りになっている車)のナンバー又は車種名を上記記入例(2)(3)のように記入します。

■新規・・・申請する場所が申請者にとって初めての場合

■代替・・・過去に車庫証明を申請していて車の入れ替え(買い替え)になる場合

■増車・・・車の入れ替え(買い替え)ではなく追加する場合

※シャッター付きの車庫などに駐車する場合※

車庫証明の申請後、申請日(当日扱い分)の翌日(土日祝日除く)に警察の調査員による現地調査が行われます。その際に、車庫のシャッターが閉まっているなどにより、調査員が駐車スペースを確認できない場合は車庫証明は交付されませんので、留守にする際は車庫のシャッターを全開にしておく必要があります。

なお、調査員が車庫内の駐車スペースを確認できなかった場合は、後日、申請者等が車庫内の写真を警察署の車庫証明窓口に提出し、駐車スペースが確保されていることが確認された後に車庫証明が交付されます。

所在図・配置図のダウンロード【山形県様式】

ダウンロード
保管場所の所在図・配置図【山形県様式】
保管場所の所在図・配置図.pdf
PDFファイル 60.6 KB
申請地から車庫証明代行料金を一発検索!